准教授増田 知尋

人間科学部

山梨県出身。中央大学理工学部を卒業し、2015年4月より文教大学人間科学部に赴任しました。専門は知覚心理学です。視覚に関する研究が主ですが、心理学で用いられてきた古典的な実験機器にも興味があり、学内展示も行っています。趣味は機械や映像に関わること全般で、車はいじるのもドライブするのも大好きです。映像については、ゲーム、CG、アニメーション等を新旧問わず見ることや、カメラを持って歩き回ることも好きです。どれも私の研究のベースになっていると強く感じています。

LOVEなもの

お酒

お酒そのものも好きですが、その場を共有する仲間や酒気帯び発言も含め関連すること全てが好きです。

自分の出かける準備をし、子どものテンションをできるだけ上げてから保育園へ送っていきます。自分と子どもとどちらかでも前の日に夜更かしをしていると朝がつらくて大変です。
メールのチェックや講義の準備をします。学生からのリアクションペーパーを読み返しながら講義で使う資料の小修正や追加などを行い、ゼミのある日は学生の研究と関連する論文を調べ、学生との議論に備えます。
お昼ご飯を食べ、同僚の先生方や学生達との打ち合わせをします。ときには雑談で盛り上がり、時間が過ぎていくことも。
授業やゼミの時間です。日によっては会議もあります。午前とは対照的に、集団の中での活動となります。様々な人とコミュニケーションを取る、楽しいひとときです。
1日の振り返りをし、講義や実験の準備をします。
家族との時間です。家に帰り、夕食を食べたり、子どもと遊んだりします。たまに子どもを寝かしつけようとして、一緒に眠りにつきます。
大人の時間です。お酒を飲んだり、趣味を満喫します。講義の準備や自分の研究に関する作業をすることもあります。